ご挨拶

<ご挨拶>

私は幼い頃から、話すと皆さんが驚くような家庭環境で生きてきました。
それでも持ち前の素直さと率直な性格で乗り越え、看護師として当時では自立した女性の生き方をしてきたように思います。
この間、今の夫と互いに結婚を決意していたにも拘らず、別れを経験し、その20年後に再会して結婚するに至り、50歳で看護師をやめ、セラピストとして生きることを選び、今は夫と幸せな生活を送り、日々セラピストとしてクライアント様の「大いなる生き方」を応援するセッションをさせていただいております。

「大いなる生き方」この定義は人によって様々だと思います。
私が考えるのは、
「魂のバトンをピカピカに磨いて次へ渡すこと。そのために辛いことや悲しいことも含めて全部自分の人生だととらえることができるようになる」ことが「大いなる生き方」の定義です。

この考えに至ったのは、輪廻転生の考え方に出会ったからです。
生まれ変わりがあるならば、次の私の魂が少しでも生き易い人生を送れる様、人間関係なども難なくこなせる人生を送れる様なバトンを渡せるよう、今のこの人生を精一杯生きようと思ったからであり、それをお手伝いすることが私の役目だと思い、ヒプノセラピーやカウンセリングを行っています。

人間は、自分に見合った様々な試練を課して、生まれて来ます。
つまり、人生の設計図を持って生まれてきているとも言えるのです。
もしかしたら今、沢山の悲しみや辛さを、抱えていらっしゃる方もおられるでしょう。
でも、それを乗り越えられる事も本当は知っていらっしゃるのです。
すべての答えは、ご自分の中にあるのです。

私は一緒にそれを見て少しでも前に進めるようになるためのセラピーを行い、現状を「誰か」のせいにしたり、「何か」を悪者にするのではなく、誰もがすべての出来事にはすべて意味があり、いつかそのことに感謝できるようになる、自分の人生は自分で設計していくことができることを伝えていきたいと思っています。
そのきっかけ、気づきの部分で私達がお役に立てればうれしいです。

お一人お一人がご自分の人生を精一杯生き、「今、この時」を喜びに満ちて楽しみ、愛を持って生きていかれますようにと願っています。

今、八方ふさがりだと思っている方、前世を知りたいと思っている方、自分の内なる子どもに出会って自分の生きる意味を実感として見つけたい方、ヒプノセラピーは興味があるけれど迷われている方は、お気軽に参加できる茶話会やカウンセリングなどもご用意しております。どうぞお気軽にお問い合わせください。